Submenu

「地盤検査技士」とは

「地盤検査技士」資格認定制度は、地盤の不同沈下による災禍の軽減を目的とし、
地盤の品質を総合的に評価(判定)できる専門知識と、豊富な経験を有する優れた技術者の育成するための、
当協会独自の資格認定制度です。

「一級地盤検査技士」は、当協会が行う一級地盤検査技士試験に合格し、登録した者に与える資格です。
地盤と建物との関係を総合的に評価できる応用能力を備え、かつ指導等を行えることを、当協会が認定するものです。

「二級地盤検査技士」は、当協会が行う二級地盤検査技士試験に合格し、登録した者に与える資格です。
住宅の地盤調査の実務及び監督が出来る能力と関連する周辺の知識が備わっていることを、当協会が認定するものです。

なお、一級地盤検査技士及び二級地盤検査技士の資格有効期限は5ヶ年となっております。
試験に合格し、登録した者は、5年ごとに開催される更新講習会を受講し、登録を更新していただきます。


受験資格(概要)

(1)一級地盤検査技士
下記の①~②のいずれかに該当する方
二級地盤検査技士の資格を有し、業務に関して、過去3年※以上の経験を有する方。
※二級地盤検査技士合格以前からの経歴も認めます。
大学専門課程(土木・建築・土質及び地質等)を卒業後、業務に関して、1年以上の経験を有する方。
注)
実務経歴は連続していなくても、通算して所定の年数以上あれば、受験資格要件を満たしているものとします。

(2)ニ級地盤検査技士
学歴・経歴は問いません。

※ 
受験に際して、必ず事前講習会を受講して下さい。(一・二級共通)